まえがき

いきなり、未知の危険に、遭遇したら?!
運を、天に任せるしかありません。

しかし、危険そのものが、認識できる状況‥
その時、如何するべきか…考えてみました。

危険の対象

まず、その危険は、誰に迫っているのか?

自分ならば、自分が守られる対象です。
他者ならば、他者が守られる対象です。

自己対策

そして、自分で、危機対策するかどうか?
他人に、任せるかどうかです。

自分への危機で、守ってもらうしか無い時、
対応を間違えると…
山での遭難が、最適な例だと思います。

あとがき

後は、視野を広げて、より状況を認識して、
より危機の内容を熟知して…
出来得る限りの、最適な行動を行う。

兎も角、危機認識後は、慌てないべきです。